クレジットカード還元率に徹底的こだわったサイトです。

クレジットカード 還元率 の鬼 > 還元率シミュレーション > DCカードJizile還元率シミュレーション

還元率シミュレーション

DCカードJizile還元率シミュレーション

詳細 還元率シミュレーション
DCカードJizile
おすすめ度

申込み

このカードは現在廃止されていて、新規発行はされていません。
このページは参考のために残していますが、申し込みはできませんのでご注意ください!

実はこのページでは、
DCカードJizileのポイント還元率のシミュレーションをやる気はありません(笑)


実はこのDCカードJizile、
普通にポイントを貯めて金券に交換した場合、
月々いくら使おうが、還元率はぴったり1%になります。

マイル還元率に関しても同じで、
1万、3万、5万、7万、10万どの利用価格帯でも1%です。

特別低くもなく、ごく普通の還元率といえると思います。

ここでシミュレーションをやりたいのは、
ポイントを貯めて普通に金券に交換した場合ではなく、
DCカード特有のサービスである、
DCキャッシュバックサービスを選択した場合の還元率です。

DCカードJizileでは、ノーマルのポイントコース(還元率1%)か、
DCキャッシュバックサービス(プロバイダコース)か、
DCキャッシュバックサービス(携帯電話コース)のどれかを選ぶことができます。

もし、DCキャッシュバックサービスを選択した場合、
ポイントは無効となり、貯めたポイントを金券と交換することはできなくなります。

そのかわり、プロバイダコースか携帯電話コースかを選択でき、
プロバイダまたは携帯電話の利用料金の何パーセントかを、
毎月キャッシュバックしてくれます。

そして、このDCキャッシュバックサービスこそが、
このカードの最大の魅力だとにーちゃんは思っています。

プロバイダコースでは、
なんと、最大5.3%まで還元率は跳ね上がります。

それではまえおきはこのくらいにして、
DCキャッシュバックサービスの詳細を見て見ましょう。


 携帯電話コース
DCキャッシュバックサービスの携帯電話コースを選択すると、
通常のポイントは付与されなくなりますが、
代わりにキャッシュバックポイントが付くようになり、
このポイントに応じて、携帯電話の利用料をキャッシュバックしてくれます。

キャッシュバックの携帯利用額は上限、月額1万円となります。

最大キャッシュバックは60%なので、
実際には最大月6000円キャッシュバックされることになります。

利用額によるキャッシュバック率
月間カード利用額 キャッシュバックポイント キャッシュバック率
10,000円未満 0〜19ポイント 0%
10,000円〜15,000円未満 20〜29ポイント 2%
15,000円〜25,000円未満 30〜49ポイント 3%
25,000円〜50,000円未満 50〜99ポイント 5%
50,000円〜75,000円未満 100〜149ポイント 10%
75,000円〜100,000円未満 150〜199ポイント 15%
100,000円〜125,000円未満 200〜249ポイント 20%
125,000円〜150,000円未満 250〜299ポイント 25%
150,000円〜200,000円未満 300〜399ポイント 30%
200,000円〜250,000円未満 400〜499ポイント 40%
250,000円〜300,000円未満 500〜599ポイント 50%
300,000以上 600ポイント以上 60%

それでは、携帯料金が5,000円の場合と、
1万円の場合でケース別に還元率を見て見ましょう。

携帯料金が月5,000円の場合
月間カード利用額 キャッシュバック率 キャッシュバック 還元率
10,000円未満 0% 0円 0%
10,000円〜15,000円未満 2% 100円 0.67%〜1.00%
15,000円〜25,000円未満 3% 150円 0.60%〜1.00%
25,000円〜50,000円未満 5% 250円 0.50%〜1.00%
50,000円〜75,000円未満 10% 500円 0.67%〜1.00%
75,000円〜100,000円未満 15% 750円 0.75%〜1.00%
100,000円〜125,000円未満 20% 1,000円 0.80%〜1.00%
125,000円〜150,000円未満 25% 1,250円 0.83%〜1.00%
150,000円〜200,000円未満 30% 1,500円 0.75%〜1.00%
200,000円〜250,000円未満 40% 2,000円 0.80%〜1.00%
250,000円〜300,000円未満 50% 2,500円 0.83%〜1.00%
300,000以上 60% 3,000円 1.00%

携帯料金が月10,000円の場合
月間カード利用額 キャッシュバック率 キャッシュバック 還元率
10,000円未満 0% 0円 0%
10,000円〜15,000円未満 2% 200円 1.33%〜2.00%
15,000円〜25,000円未満 3% 300円 1.20%〜2.00%
25,000円〜50,000円未満 5% 500円 1.00%〜2.00%
50,000円〜75,000円未満 10% 1,000円 1.33%〜2.00%
75,000円〜100,000円未満 15% 1,500円 1.50%〜2.00%
100,000円〜125,000円未満 20% 2,000円 1.60%〜2.00%
125,000円〜150,000円未満 25% 2,500円 1.67%〜2.00%
150,000円〜200,000円未満 30% 3,000円 1.50%〜2.00%
200,000円〜250,000円未満 40% 4,000円 1.60%〜2.00%
250,000円〜300,000円未満 50% 5,000円 1.67%〜2.00%
300,000以上 60% 6,000円 2.00%

携帯代が多い人は、
還元率が最大2%まで上昇します。


 プロバイダコース
上では携帯コースのシミュレーションをしましたが、
特筆すべきはこちらのプロバイダコースです。

携帯コースでは還元率は最大2%まで上昇しましたが、
このプロバイダコースでは、それを上回る還元率を見せてくれます!

プロバイダコースのキャッシュバック対象プロバイダ料は、
上限4,000円までとなります。
こちらも最大60%までのキャッシュバックなので、
最大2,400円のキャッシュバックを受けることができます。

利用額によるキャッシュバック率
月間カード利用額 キャッシュバックポイント キャッシュバック率
10,000円未満 0〜19ポイント 0%
10,000円〜15,000円未満 20〜29ポイント 10%
15,000円〜25,000円未満 30〜49ポイント 20%
25,000円〜50,000円未満 50〜99ポイント 30%
50,000円〜75,000円未満 100〜149ポイント 40%
75,000円〜100,000円未満 150〜199ポイント 50%
100,000円以上 200ポイント以上 60%

それでは、プロバイダ料が3,000円の場合と、
4,000円の場合でケース別に還元率を見て見ましょう。

プロバイダ料が月3,000円の場合
月間カード利用額 キャッシュバック率 キャッシュバック 還元率
10,000円未満 0% 0円 0%
10,000円〜15,000円未満 10% 300円 2.00%〜3.00%
15,000円〜25,000円未満 20% 600円 2.40%〜4.00%
25,000円〜50,000円未満 30% 900円 1.80%〜3.60%
50,000円〜75,000円未満 40% 1,200円 1.60%〜2.40%
75,000円〜100,000円未満 50% 1,500円 1.50%〜2.00%
100,000円以上 60% 1,800円 1.80%

プロバイダ料が月4,000円の場合
月間カード利用額 キャッシュバック率 キャッシュバック 還元率
10,000円未満 0% 0円 0%
10,000円〜15,000円未満 10% 400円 2.67%〜4.00%
15,000円〜25,000円未満 20% 800円 3.20%〜5.33%
25,000円〜50,000円未満 30% 1,200円 2.40%〜4.80%
50,000円〜75,000円未満 40% 1,600円 2.13%〜3.20%
75,000円〜100,000円未満 50% 2,000円 2.00%〜2.67%
100,000円以上 60% 2,400円 2.40%

マックス5.33%と、かなり高い還元率になります。

これが金券で還元されるのではなく、
月々現金で戻ってくるんです。

そのほかの利用価格帯でも2%が底になっています。

とんでもない還元率ですね(笑)

このカードはリボ払い専用カードで、
一回あたりの支払い額を最大に設定したとしても、MAX5万です。

つまり手数料・利息無しの支払いは、
5万が上限となりますので、
上記の表の5万以上の部分は、
利息の発生する支払いをしない我々にはあてはまりません。

また、キャッシュバック対象プロバイダというのも設定されているので、
自分が使っているプロバイダが、
対象に入っていなければこのカードのメリットは享受できません。

しかし、月々利用額が5万以下で、
対象プロバイダにも入っている人の場合、
かなり還元率の高いカードになります。


 一口メモ
結論から言うと、
このカードを作る場合は、
DCキャッシュバックサービスのプロバイダコースを選ぶのが前提になります。

これ以外の使い方では、それほどお得になるシチュエーションはありません。

P-oneカードやオリコカードUPtyなど、
万人に強力なカードは他にもありますが、
月5万以下の利用、キャッシュバック対象プロバイダを使っている人にとっては、
かなりメリットのあるカードと言えます。

このカードは現在廃止されていて、新規発行はされていません。
このページは参考のために残していますが、申し込みはできませんのでご注意ください!

「DCカードJizileの資料請求」へ進む→

【参考】廃止になったカードの還元率シミュレーション
「還元率シミュレーション」TOPへ戻る