クレジットカード還元率に徹底的こだわったサイトです。

クレジットカード 還元率 の鬼 > マイルを徹底的に使い倒す! > 提携航空会社の特典航空券にも換えられる

マイルを徹底的に使い倒す!

提携航空会社の特典航空券にも換えられる

マイルは特典航空券に換えることができるわけですが、
自社便だけではなく、提携している航空会社の航空券にも換えることができます。

このおかげでマイレージプログラム運営元の航空会社では、
運航していない国や地域の特典航空券も提供できるわけです。

ここでは提携航空会社について説明します。

 航空会社の提携グループ
提携している航空会社というのは1対1の関係ではなくて、
数社が集まり航空会社のグループを創っています。

このグループのことを航空連合(またはアライアンス)といいます。

航空連合では特典航空券の相互利用だけではなくて、
様々なサービスで協力しています。

例えば1つの便を複数の航空会社で運航するコードシェア便(共同運航便)だったり、
空港の施設を共同で、もしくは交代で使ったりしています。

かなり密接な関係にあるわけですね。

 代表的な3つの航空連合
航空連合には世界規模で代表的な3つの航空連合があります。
大きい順から言うと、スターアライアンス、スカイチーム、ワンワールドの3つです。

ANAはスターアライアンス、JALはワンワールドに属しています。
スカイチームには日系航空会社は属していません。

スターアライアンス スカイチーム ワンワールド
加盟航空会社数 27社 19社 11社
就航国数 194ヶ国 187ヶ国 149ヶ国
就航空港数 1,329空港 1,000空港 810空港
加盟航空会社 アシアナ航空
アドリア航空
アビアンカ航空
エア・カナダ
エーゲ航空
エジプト航空
エチオピア航空
オーストリア航空
クロアチア航空
コパ航空
シンガポール航空
深圳航空
スイスインターナショナルエアラインズ
スカンジナビア航空
全日本空輸(ANA)
タイ国際航空
TACA航空
TAP ポルトガル航空
TAM航空
中国国際航空
トルコ航空
ニュージーランド航空
ブリュッセル航空
Blue1
南アフリカ航空
USエアウェイズ
ユナイテッド航空
ルフトハンザドイツ航空
LOTポーランド航空
アエロフロート・ロシア航空
アエロメヒコ航空
廈門航空
アリタリア-イタリア航空
アルゼンチン航空
エア・ヨーロッパA
エールフランス
KLMオランダ航空
ケニア航空A
サウディア
大韓航空
タロム航空
チェコ航空
チャイナエアライン
中国東方航空
中国南方航空
デルタ航空
ベトナム航空
ミドル・イースト航空
アメリカン航空
イベリア航空
エア・ベルリン
S7航空
カンタス航空
キャセイパシフィック航空
日本航空(JAL)
フィンランド航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
メキシカーナ航空
ラン航空
ロイヤル・ヨルダン航空
*Wikipediaの「航空連合」から引用しています。
*加盟航空会社の赤太字は主体となっている航空会社、もしくは日系の航空会社です。

 航空連合のメリット
航空連合があることで得られる利用者側のメリットは大きく2つです。
  • 提携航空会社の特典航空券にも換えられる
  • 提携航空会社のフライトマイルを加算できる

1つ目は初めに話したとおりなので分かると思いますが、
2つ目は例を挙げて説明します。

例えば旅行や出張でスターアライアンスに属しているANAの便に搭乗したとします。

この場合、搭乗して得られるフライトマイルは、
同じ航空連合の航空会社であれば、
どこの航空会社のマイレージプログラムであってもマイルを加算することができます。

ANAのマイルを貯めているのであれば、ANAマイルに加算できますし、
ユナイテッド航空(UA)のマイルであれば、UAマイルに加算できます。

提携航空会社に搭乗した場合も
マイルが貯まっていくので大きなメリットになります。

1つ目も2つ目も、いずれもマイル絡みのメリットですが、
これはあくまでも航空連合内だけで有効なものです。

航空連合をまたぐことはできません。

なので、マイルを貯める際は、どの航空会社のマイルを貯めるかも重要ですが、
どの航空連合に属しているかも選ぶときのポイントになります!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ
↑よかったら一票お願いします!