クレジットカード還元率に徹底的こだわったサイトです。

クレジットカード 還元率 の鬼 > カードのリスクを回避する! > 実は他人にカードを見せるのもまずい

カードのリスクを回避する!

実は他人にカードを見せるのもまずい

意外と気にしていない人が多いのですが、
実はクレジットカードの券面を見せただけでも、
不正利用される可能性はあります。


 券面は極力、人に見せないようにする
よくよく考えると、
ネットショッピングで必要になる情報は、
カード記載の名義とカード番号、カードの有効期限のみです。

それさえ知っていれば、
ネットショッピングができてしまいます。

通信販売でもカード番号と有効期限だけで買い物ができるところもありますし、
普段あまり気にしていない人が多いと思いますが、
券面を他人に見せるということ自体、実は危険なことなんです。

スキミング被害の観点からも、
スキマーが手のひらサイズまで小型化していて、
渡した相手に、こちらが気づかないようにスキミングされるということもあります。

ゴールドカードを持っていたら誰かに見せて自慢したくなるかもしれませんが、
カードは極力みせないようにしましょう。


 なんで券面にそんな重要な情報を載せるの?
そんな重要な情報が、
なぜ券面に堂々と書かれているのかというと、
国際ブランドの意向でもあるのですが、
世界中どの地域でもカードを使えるようにするためなんです。

われわれの住む国、日本では、
インフラもきっちり整備され、
クレジットカードを電子的に処理することができます。
(つまり、磁気テープだけで処理することができます。)

しかし、まだインフラが整っていない発展途上国では、
インプリンターでガチャンとやって、
出っぱっているカード番号と有効期限を、
伝票に押し付けて印字して決済するという方法を取っているため、
券面に決済に必要な情報が掲載されている必要があるためです。

ですから、日本でしか使わない場合は、
本当は券面にカード番号が書いている必要な無いわけです。

ですので、こういった発展途上国のインフラが整備され、
クレジットカード決済を電子的に処理することができるようになれば、
カードの券面からカード番号が消える日が来るかもしれません。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ
↑よかったら一票お願いします!