クレジットカード還元率に徹底的こだわったサイトです。

クレジットカード 還元率 の鬼 > カードのリスクを回避する! > もしカードを無くしたらどうしたらいいの!?

カードのリスクを回避する!

もしカードを無くしたらどうしたらいいの!?

現金を持ち歩くよりもリスクが少ないと思われているクレジットカードですが、
もし、自分が実際にカードをおとしたとなると、
やっぱり不安になりますよね?


 まずカード会社に電話する
カードを無くすと不安になりますが、
実は紛失後すぐにカード会社に連絡さえ入れておけば、
ほとんどのケースで問題ないと考えていいと思います。

カード会社に連絡をすると、
紛失したカードの利用を停止してくれます。

だいたいのカードでは、利用者に落ち度がなければ、
この日を基点に過去60日にさかのぼって不正利用がある場合は保障されます。
(この日から60日間も不正利用があれば保障されます。)

たまにネットショッピングやスキミング被害などは、
保障されないという情報を目にしますが、
カード会社各社で保障されるかどうかを審査するため、
一概にネットショッピングの不正利用は保障されない、
ということはありません。

基本的にこちらに落ち度さえなければ、
ネットショッピングでの不正利用でも保障されます。

また、過去60日間にさかのぼって保障されるということは、
逆に言えば紛失から60日以上経ってしまうと、
保障されない不正利用が出る可能性が出てくるということです。

紛失した場合は極力早めにカード会社に連絡を入れましょう。

また、カード会社への連絡とあわせて、
最寄の警察署へも届出をしましょう。

何らかの形でカードが発見された場合に、
連絡を入れてくれます。


 再発行は手数料がかかる
カード会社に連絡を入れると、
カードの利用を停止してもらえます。

その後再度カードを発行してもらうことになるのですが、
新規発行や更新時の発行とはちがって、
再発行は発行手数料を取られます。

にーちゃんは以前ソフマップのジャックスカードを無くして再発行してもらいましたが、
その際は500円取られました。

新規発行手数料はほとんどのカード会社でかかりませんが、
再発行手数料はほとんどのカード会社でかかってくると思っておいた方がよいでしょう。


結局カードをなくしたら、
カード会社に連絡して警察に届け出るだけなんです。

ですので、

・利用者に落ち度がない
・紛失後すぐにカード会社に連絡し警察に届け出る

大きくこの2つさえ守っていれば、
やはりカードは現金を持ち歩くより安全と言えそうです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ
↑よかったら一票お願いします!