クレジットカード還元率に徹底的こだわったサイトです。

クレジットカード 還元率 の鬼 > カードのリスクを回避する! > クレジットカードのショッピング枠現金化ってなに?

カードのリスクを回避する!

クレジットカードのショッピング枠現金化ってなに?

よくインターネットや雑誌の広告で、
「クレジットカードのショッピング枠を現金化します!」
というフレーズをみることがあります。

おそらく賢明なみんさんは、
このようなサービスを利用しようなんて微塵も思ったことはないでしょうが、
ここではショッピング枠の現金化について少し触れてみたいと思います。


 ショッピング枠の現金化ってなに?
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が存在します。

通常ショッピング枠50万、内キャッシング枠30万という風になっていて、
キャッシングで30万お金を借りると、
20万のショッピング枠がのこります。

キャッシング枠で30万のお金を借りても、
まだお金を借りたい!という人のために、
残りのショッピング枠20万についてもキャッシングできるようにしたのが、
ショッピング枠の現金化というサービスです。
(もちろんキャッシング枠を全く使わずショッピング枠の50万を現金化することも可能です。)

通常この手の現金化業者のサービスでは、
換金率(またはキャッシュバック率)というものが定められていて、
換金率90%なら10万のショッピング枠を使って9万に現金化してくれます。

この場合10万円分カードでその業者から買い物をし、
その品物を買った業者に売ることによって現金を手にすることができます。
(または他の店で業者が指定したものを買ってくれば、
現金化業者が買い取ってくれるというパターンもあります。)

換金率が高い方が現金化を利用する人にとってはお得、
低い方が業者がお得という仕組みです。

ショッピング枠の現金化について、
あまり知らない人でも、
あまり良いイメージは無いと思います。

しかし、現状では法には触れませんので、
一応合法になっています。

ただ、換金目的でクレジットカードを使うことになるので、
これはカード規約に触れます。

したがって、ショッピング枠の現金化をした場合は、
強制退会させられても文句は言えません。


 ほとんどの場合超高金利になります!
現金化業者では、よく、
消費者金融より低金利!
最高93%のキャッシュバック!などとうたっています。

100万のものを購入して、93万返ってきたら、
確かに金利は約7.5%ほどに感じます。

金利7.5%だと消費者金融より安く感じます。

しかし重要なポイントは、ショッピング枠の現金化の場合、
お金を返済するまでの期間は、最長で約2ヶ月だということです。
(分割もできますが、その場合はカード会社にも金利を払わなければなりません。)

消費者金融の金利は1年間の金利(年利)になりますが、
現金化業者の場合は2ヶ月でつく金利になりますので、
年利に直すとかなりの高金利になります。

たとえば2ヶ月で7.5%の金利がつく場合、
これを1年間の金利に換算すると、
なんと54.3%になります。

全然消費者金融より低金利じゃありません!

法外な高金利になりますので、利用は絶対に避けなければなりません。

「カード会社はなぜタダでサービスを提供できるか?」でも説明しましたが、
カード決済された現金化業者はカード会社に3%から5%の手数料を支払うわけですから、
どう考えても97%以上の換金率はありえません。

仮に97%の換金率でも、
年間の金利に換算すると約20%になります。

ですので、現金化は必ず年利20%以上の金利になる、
と思って間違いないでしょう。

それ以下の金利を謳っている業者は、
かなり怪しいと思います。

とりあえず、賢明なみなさんは、
絶対に現金化しないようにしてください!

金利の面から考えても、
カード会社から目をつけられるかもしれないということを考えても、
にーちゃんには何のメリットもないサービスのように感じます!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ
↑よかったら一票お願いします!