クレジットカード還元率に徹底的こだわったサイトです。

クレジットカード 還元率 の鬼 > カードのリスクを回避する! > スキミング被害に遭う確率を下げる

カードのリスクを回避する!

スキミング被害に遭う確率を下げる

スキミングとは、クレジットカードの磁気データを、
特殊な装置で読み取り、これを他のカードにコピーして利用する犯罪です。

スキマーと呼ばれる装置で読み取るだけで全く同じ情報を持ったカードが作れるため、
情報を盗まれたことにすら気づきにくいです。

よくあるケースとしては、
空き巣で誰かが侵入した形跡はあるけど、何も盗まれておらず、
安心していると、後日覚えのない多額の請求書がカード会社から来たり、
カードを利用した店が犯罪組織とつながっていて、
その店でカードを使うとその情報が筒抜けになっていて被害にあう、
というようなことがあります。

盗まれるのは情報ですから、
気づきにくいというところが難点ですね。

それでは我々にもできる、
最低限の対策を考えて見ましょう。

 貴重品は肌身離さず持つ
単純なようですが、これが一番確実ですね。

スイミングスクールなど、ジムのロッカーや、
マッサージを受けているとき、
居酒屋などで財布の入った上着を壁にかけている時などは注意しましょう。

また、車の中においておくのも車上荒らしに遭う可能性もありますから、
注意が必要です。

車上荒らしで被害に遭った場合、
車外からカードが見える位置に置いていた場合、
利用者側の落ち度とされ、保障されないことがあります。

また、最近ではスキマーが手のひらサイズまで小型化していますから、
他人に渡しただけで気づかれないようにスキミングされる危険性もあります。

「実は他人にカードを見せるのもまずい」でも説明していますが、
むやみに他人にカードを渡すことも慎んだほうが良いです。


 いかがわしい店ではカードを使わない
風俗店など夜の店では犯罪組織と店がグルになっていることがあります。

こういった店では使わないようにしておいた方が安全です。

また、犯罪組織とつながっているかどうかは別として、
こういった夜の店では、
現金払いよりクレジットカードの方が割り増しにしているケースもあります。

当然これは加盟店手数料分を上乗せしているわけですが、
実はこれ、カード会社との規約違反なんです。

店としてはカードの方を高くして、
なるべく現金で払ってもらおうという魂胆ですが、
それをされると、カード会社が本来得られる利益がなくなってしまいます。

とは言ってもカードで支払うと高くなる店も実際にありますので、
夜の街ではカードを使わない、と決めておくのもいいかもしれません。


以上2点簡単ですが、
これだけでもかなり被害に遭う確率を下げることができるんじゃないでしょうか。

ただ、100%スキミングを防ぐのは、
残念ながら今のところ不可能です。

100%回避したいなら、
カードを使わないようにするしかありません。

しかし、それは非現実的ですから、
もし不正利用された場合にカード会社がちゃんと保障してくれるよう、
こちらに落ち度がないように気をつけるようにしましょう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ
↑よかったら一票お願いします!