クレジットカード還元率に徹底的こだわったサイトです。

クレジットカード 還元率 の鬼 > 最低限知っておきたいカード知識 > 付帯保険について

最低限知っておきたいカード知識

付帯保険について

「クレジットカードは複数枚持った方がお得!」では、
年会費無料のカードでも海外旅行保険に入ることができる、
ということを書きました。

ここでは、付帯保険について、
もう少しだけ詳しく説明します。

というのも、にーちゃんは意外と最近まで知らなかったのですが、
付帯保険も上手に活用すればかなりお得になるんです!


 付帯保険てなに?
クレジットカードをもっていればついてくる、
海外旅行保険や国内旅行保険、ショッピング保険などのことを付帯保険と言いいます。

年会費無料のカードでも、
これらのサービスに自動的に加入できるカードはたくさんあります。

たいていのカードはそのカードを持っているだけで保険が適用されます。

中には、海外旅行の旅費の一部など、
そのカードを使っていないと適用されないケースもありますが、
保険会社が提供する保険に加入するケースと比べると、
かなりお得であることがわかります。

たとえば年会費無料の楽天カードは、
海外旅行保険が2000万まで保障されていますが、
もし保険会社が提供する同等の海外旅行保険に加入すれば、
6日間イギリスに旅行に行ったとして、
だいたい2500円前後かかります。

これで一回の旅行のみの保障になりますから、
次に行く場合はもう一度保険料を払わなければなりませんが、
楽天カードのような年会費永年無料のクレジットカードなら、
持っているだけで永久に保険に加入できます。

それを考えると、付帯保険だけを考えても、
クレジットカードを持つということはお得ですね。


 複数枚持てば、保険金が合算される
このページで書きたかったのは、実は今から説明する内容なんです。

死亡・後遺障害保障に関しては、
複数枚持っていても合算されず、
もっているカードの中で最も高い保険金が適用されます。

しかし、それ以外の保障は、
持っている全てのカードの保障が合算されるんです!

たとえば、

死亡後遺障害保障 傷害治療費用保障 疾病治療費用保障 賠償責任保障 救援者費用保障 携行品損害保障
カードA 2,000万円 200万円 200万円 2,000万円 200万円 20万円
カードB 1,000万円 100万円 100万円 1,000万円 100万円 20万円
カードC 2,000万円 100万円 200万円 2,000万円 200万円 30万円
合計 2,000万円 400万円 500万円 5,000万円 500万円 70万円


上記3つのカードの場合、
死亡・後遺障害保障については、
3つのカードの最高額である2000万までしか下りませんが、
そのほかの保障については、
全て合算された額まで支払われる可能性があります。

どうでしょうか?
にーちゃんはこれを知ったとき少し驚きました。

年会費無料のカードを複数枚作るだけで、
どんどん保障が厚くなっていくのです!

こういったことからも、
クレジットカードは複数枚持っておいて損はない、ということがわかると思います。

ただし、同じカード会社のカードを複数持っていても、
場合によっては、補償額が合算されないことがあるので、
保険金の合算が目当ての場合は、極力違う会社のカードを持つようにしましょう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ
↑よかったら一票お願いします!